マルズジョイフードブログ

1126号

ピンチはチャンス
この連休の繁忙日に某店のフライヤーがトラブル。
揚げ物をあげる機能はそのままなので営業を継続。
普段起きないトラブルがなぜこの繁忙日に・・・・、なぜこの店が・・・と思うのが普通だが松下幸之助さんは「不況もまた良し」という名言を残しています。「不況」とは今までの考え方、方法ではだめです。今までやってきたこと全て一度自己否定して新しいやり方を考えて、それもより速く、より大きく行動を起こさなければなりません。「ご奉仕高が悪い店も同じです」。
今回の某店がまさしくその時ではありますが、責任者を中心に皆さん本当に協力的で、心強い仲間です。
このとき大切なのが「お客様第一」と「One Team」という一体感であります。「報・連・相」はお互いの情報交換のタイミングも早め早めとなり、言葉中心の情報量も通常の3倍になるはずです。勿論OKを意味する「はい」という返事も3倍になりますね。この連休を乗り越えた某店の皆さんの進化した姿が大いに楽しみです。
「ピンチをチャンス」に出来るのか?
人生も仕事も考え方次第で結果は決まる。
 
令和元年11月4日 丸山 耕市

ページトップへ戻る