マルズジョイフードブログ

部下の成長が上司の能力そのもの

社長通信

この意味が心底わかっていない責任者、リーダー、部門長がマルズには残念ながら存在する。

7月の予算達成・未達成の順だから偶然ではないと思う。

幹部・社長の一人前もあれば、店長・責任者の一人前もある。

ホール長・調理長・副店長の一人前や主任・一般社員・パートナーさんの一人前もあるはずだ。

職位にも一人前があるが、勤続年数や職歴、年齢による一人前もある。

1年目の一人前、2年目の一人前や5年目、10年目、20年目の一人前もあるのである。

最近特に感じているのが若い社員の成長スピードが上がらない、遅いのが大変気がかりである。

もちろん個人差もあり充分の人もいるが、全体的に成長が遅い。

2年目の方はもう16カ月が経っているのだが・・・?

この原因はどこにあるのか?

大部分は責任者にある。

このことを新入社員や2年目社員の所為にしているうちは成長はなかなか上がっていかないのである。

※人の成長は人の心・考え方の改善から

責任者の言動・行動が変われば、働く仲間も必ず変わる。

また、その変わるスピードが増せば成長スピードもUPする。

若くて真っ白いほど変われるものである。

それを指導、共育できないのは責任者の考え方がどこか他人事ではないのでしょうか??

 

平成28年8月1日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る