マルズジョイフードブログ

素直さ

社長通信

ちょうど西暦2000年の時、社名を「株式会社マルズ・ジョイフード」と変え、第1回の人事考課制度も私・三澤部長・押山部長・荒川工房長・山口店長の5名が参加して作りました。

その人事考課制度の一番最初に全員一致で決めたのが「素直さ」である。

人としての基本の第一歩が「素直さ」であった。

「素直な人」に入社してもらいたいし、「素直な人」と一緒に仕事をしたい思いが強かったのは間違いない。

私やベテランの人は、ひとつの職場や仕事をやっていると馴れて居心地が良くなり、変化を避けようとする傾向が強くなる。

そして新人さんには「素直さ」より作業能力をまず欲求するし、早く作業をできる人の評価が高くなる。

マルズグループに入社する人は通信簿5段階評価で2〜4までの人が多いはずで、3前後の普通の方が多いのである。

この普通の人を一人前にするのがベテラン、先輩パートナー、社員さんの役目である。

新人さんに対する対応能力、共育能力そして定着もベテランさん、先輩パートナー、社員の人間性や能力によることも多い。

その大前提が「素直さ」である。

 

平成29年1月30日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る