マルズジョイフードブログ

第1139号

社長通信

正価(正しい価値とは) 先週から続く
便利さと豊かさに慣れ、便利を便利と気づかず、豊かさを豊かと感謝せず、立ち止まり見つめなおすことを必要だと私自身にも戒めたいと思います。
喰い物屋の基本は安心で美味しい商品をより楽しい雰囲気で食べて頂く、ということは永遠に変わらないことだと思います。
これからも何が正価なのかを問い続けていくマルズ・グループに変わらぬご理解、ご協力を心よりお願いいたします。
季節外れの桜の話題で日本のお偉いさんは右往左往していますが、2020年の桜の咲くころには私自身もまだまだ正価には程遠く、道半ばではありますが、体力や脳力的にも株式会社マルズ・ジョイフードを繰り上げ卒業の時期のようです。
♪見事散りましょう、男なら♪という勇気もなく、「もうひとつの正価」を求めて、中食(食菜工房まる山)で正価のお手伝いへ。
2020年4月1日、株式会社マルズ・ジョイフード商業69年丸山耕市が初めて49年目、創業100年に向かってバトンタッチは間もなく。
「仕事だと思うな、人生だと思え」
令和2年1月27日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る