マルズジョイフードブログ

第1116号

社長通信

私たちは「おもてなし」のプロ
お盆の忙しい時期がようやく終わりました。
皆さん長いこの繁忙期大変お疲れ様でした。皆様の一生懸命に感謝「ありがとうございます」
さて、本日からも当たり前ですがお客様がご来店されます。
お疲れでしょうが、マルズ・グループ厨房も含めて一人ひとり全員が「おもてなし係」「おもてなし担当者」であります。
接客からおもてなしへ
おもてなし「御持て成し」とはお客様に対して心を込めて歓待や接待やサービスをすることをいう、と辞書にあります。「心を込めて」とはその人の「考え方」これがすべての基本、第一歩のスタートと言えるでしょう。
このお盆の時期沢山のお客様のご来店がありました。つまりたくさんのお客さまから正しい評価、通信簿をいただくという事です。「おもてなしのプロ」の私たちは常に100点を目指して行動しなければ、激しい胃袋争奪戦の時代に選んではいただけません。リピーターになって頂けそうか?お客様の正しい評価は50点も80点もありません。0点か100点しかありません。その通信簿の答えが今日から。
※出来ると思えば出来る。出来ないと思えば出来ない。
これは揺るぎもない、絶対的な法則である(パブロ・ピカソ)
 
令和元年8月19日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る