マルズジョイフードブログ

第1103号

社長通信

「炊き立てご飯をお客様に食べて頂こう」
例 まる家
羽釜で炊いたご飯、本物の調理の美味しさを感じます。
炊きあがると
「只今羽釜で炊いたご飯、いかがですか?」
その他の店
「只今会津コシヒカリ炊きあがりました、お替りいかがですか?」
ごはんを売っているのではない、出来立て、炊き立てを売っているのだ。
今まで全店の責任者には幾度も伝えていますが、私の情熱の足りなさを痛感しております。
ご奉仕高の基準は日々上がり続けているのは皆さんも肌で感じているはず。商いで一番難しいのは「集客」。「集客」というとすぐ割引券や値引き、値引きすればするほど「某安いとんかつ店」に近づき、競合するし、もっと下げるとコンビニと競合してしまう。「私たちの行うべきこと」は、「楽しさと美味しさに笑顔」である。仕事とは問題解決の連続である。その問題を①内・主に働く人、②外・主にお客様の2つに分けると出来の悪い責任者はほとんど①の内部改善にエネルギーと時間をかけ、出来の良い責任者は②のお客様にエネルギーも時間もかけることがはっきりと数字には表れています。永遠の内部改善中心の責任者に最終勧告「店舗が間もなくなくなりますよ」。
 
令和元年 5月27日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る