マルズジョイフードブログ

第1094号

社長通信

令和頑年度 経営指針発表会に当たって(第68期)
 
昭和27年4月1日『有限会社 マルヤマ洋品店』を私の父 徳治、母 トシ子(現会長)が会津若松神明通りに設立し、昭和46年に飲食部門設立の為社名を『マルヤマ商事』に変更、21世紀のスタート2001年に創立50周年を迎えるにあたり『株式会社 マルズ・ジョイフード』と社名を変え、心機一転スタートしました。
私たちの仕事・使命は、その時代、その地域に合った価値、満足、楽しさ、喜びをお客様一人ひとりに提供し続けることです。この大前提を忘れてはなりません。67期は店舗格差=責任者格差が明確となり、ご奉仕(売上)、粗利高(ご満足度)、感謝高(利益)の足りない責任者の店舗はより悪くなる傾向が明確になり、地域一番店、地域一番店長、社員、人しか残れない正しいお客様評価の時代となりました。しかも5年前から続いている原材料費、時短も含めた人件費の高騰は今後も永遠にその流れは止まりませんし、少子高齢化は今後は加速度を増し益々人材難の時代が続き、人の確保も難しく「人件費増・経費増」は仕方がないという社風が蔓延し、競合店が出来れば一瞬にして崩壊してしまう「人が・お金が・時間が」ないないという自己解決でないどこか他人のせい、世の中のせいの考え方と体質にもなってきました。今後は外食・中食・内食の胃袋争奪戦がより激しさを増すことは明らかです。今の料理、接客レベル、今の人の価値でいい訳がありません。時代に即した「付加価値=人の価値」を上げるしか私たちには道はありません。
 
質問してください。
①あなたの仕事の使命(ミッション)はなんですか?
②付加価値とは?
 
平成31年4月8日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る