マルズジョイフードブログ

第1060号

社長通信

1.「いらっしゃいませ」は厨房も含めて全員が必ず・必ずお客様に伝わる言い方をやりきること。必ず全員が言い続けること。

2.「ドアコール100%」・99%も0点。

3.「Eパークは絶対に何が何でもお客様に触らせない」。お客様に触れられたら負け、0点。触られたら必ず・必ず言葉をかけること。

4.「キャベツ」「ご飯」のお替りは必ず意味がお客様に伝わる言葉遣いをする。通じなければ(1人でも)0点。

5.「お待ちのお客様」をご案内するときは、「お待ちいただきましてありがとうございます」と言ってからご案内すること。

6.「お待ちのお客様」のテーブルのファーストサービス(お盆、麦茶、おしぼり)の時には「お待ちいただきありがとうございます」と言ってから麦茶、おしぼりをお出しする。

7.「ごまの説明」。ごまをスル意味を通じるようにお伝えすること。

8.「上がり茶」100%。気づいたら言葉を「お茶を今お持ちいたします」と言ったのち、お持ちする。99%も0点。

9.「ありがとうございます」は厨房も含めて全員が必ずお客様に伝わる言い方をする。必ず全お客様に言うこと。

10.どんなに忙しくても厨房も接客係も必ず・必ずお客様に伝わる声の大きさで言い続ける。
 
平成30年8月13日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る