マルズジョイフードブログ

第1055号

社長通信

商いの原点
 
最近マルズグループへのお客様からの支持率が落ちています。
ここで皆さん一人ひとりが商いの原点、基本をもう一度考え直してみましょう。
時代とともにお客様が求める「商品、サービス、価格」は、絶えず変化してることは皆さんも充分理解しているものと思います。
・お客様は何故自店に来られるのでしょうか?
・お客様は何故自店に来なくなったのでしょうか?
一人ひとりのお客さまには様々な理由はあると思いますが、「商い」とは1,適正な商品2,適正なサービス3,適正な価格。
以上の3つが適正であればご来店して頂けるのです。
1,×2,×3,=の掛け算の結果が正しい商いという事になります。
掛け算ですので外的要因もありますが、私たちに出来ることは内部要因の改善、改革です。
それも今の時代は既対応のスピード感がより重要となっています。
「お金を追うな、仕事を追え」
”良い仕事”の結果が売り上げや利益であり、私たちの商いの目的は”お客様”にとって”良い仕事”をやり続けることです。
売り上げ、利益は目的でなく目標であるはずです。
つまり「お金が貯まるぐらいの良い仕事」をすることが「商いの原点」なのです。
 
平成30年7月9日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る