マルズジョイフードブログ

第1033号 責任者から部下へ

社長通信

責任者から部下へのメッセージを紹介します

その1
年末年始の繁忙期を経て、仕込みから段取りもしっかり組み立てられ、営業中も指示出しの的確さが上がり、責任感も以前と比べて格段に強くなり、周りからの信頼も得て、厨房責任者として大変成長を感じ、頼もしく思っております。
ただ、経験上若い時分というのは、この時期自分はできると思ってしまうものです。
周りが大人だったと気づくのは後になってからだったりします。
それ故、生意気なことを口走ってしまったり、注意やアドバイスを聞かない、または周りが言いにくい空気を醸し出してしまったりするものです。
これは大変なマイナスです。
注意や指導は真摯に受け止める。分からないことは聞く。それに対する感謝の姿勢と言動。そしてプロとしての商品の追求等、今の姿勢と気持ちを忘れないでください。
また、負けず嫌いは大いに結構で、ほほえましくさえ感じます。
褒められたい、評価されたいという気持ちは人の心情で、私もよく分かります。
でも、横と後ろに気を取られて、前(お客様)を見るのを忘れないでください。
もう一つ。
よくご指摘いただく「表情」ですが、これは意識とトレーニングで必ずコントロールできるものです。
表情明るく、お客様は勿論、先輩、仲間、後輩が話しかけやすい人になることは、今後にとてもプラスに作用します。
●●の将来がとても楽しみです。
素直に!しっかり前を見て!
これからも共に頑張っていきましょうね!
よろしくお願い致します。

その2
毎日、本当にご苦労様です。
**のやる気は間違いなく##店全員にウィルスのように感染しています。
**が来るという時のことを昨日のことのように覚えています。
正直務まるのかと思っていました。
一年経った今では主任として頼もしく、そして率先垂範する姿は心から尊敬できるものです。
**にしか出来ないリーダーシップを感じます。
初めの頃、一度だけ泣いたことを覚えています。
凄く思い悩んだんだろうなと今でも思います。
ただとても意外なほど、人に自分の気持ちを見せるのが苦手な一面も感じます。
たまには感情的な**主任でもいいのではないでしょうか?
意外に私よりかっこつけですよね。
まだまだ伸びる力を持っています。
「入社して5年以内に店長」は、**にしかできません。必ず叶えてやりましょう。
いつか同じ舞台で本気で話し合う場面を心待ちにしてたりします。
いつまでも背中を押してやります。
しかし、私も考え方を変えなきゃいけない時期です。
同じ舞台でも、お互いもっと高みを目指して行きましょう。
**なら必ずできます。
諦めそうなときは一緒に酒でも飲んで語りましょう。

ーーーーー
深い愛情を感じますネ!!自分の家族と思っている上司に、人はついてくる。

平成30年1月29日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る