マルズジョイフードブログ

提供時間=責任者で決まる。100%責任者

社長通信

間違いなく100%責任者で決まる。

責任者の考え方で決まってしまうのである。

メニュー変更で和食メニューや組み合わせメニューが増えたため、このメニューは大変だ、手間がかかる、あまり出数がないので仕込み量がわからない、と思っている責任者の店の提供時間は必ず遅れている。

その理由=言い訳はメニュー改訂にあり、自分は望んでいないメニューなのだろうか?

このメニュー改訂の目的は、責任者や働いている人に気に入られる為にあるのではない。

お客様に喜んでもらう為である。

今までのお客様にもこれからのお客様にも、メニューを選ぶ楽しさ、色々食べられる楽しさ・美味しさを知ってもらい、これから間違いなくやってくる「胃袋の激減」「胃袋が小さくなる」少子高齢化の時代、同じお客様に繰り返し、何回も来て頂く為に必要なメニューなのである。

 

事を強く、強く、心に刻んで下さい。

○○責任者、○○長、○○主任、あなたです。

 

福島西バイパス店 弓田店長の提供時間が早い。

弓田店長が提供時間内に出すのがお客様にとっては当たり前という「お客様最優先」が徹底されているからである。

※その人の成長とは、何時如何なる場合でも、本人の努力の結果である。

 

自ら努力しない人たちの成長や進歩については、会社は一切の責任を負うものではない。

今より高いレベルにチャレンジする人を評価する。

 

平成27年11月9日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る