マルズジョイフードブログ

提供時間 × 美味しさ(人手間)=今のお客様の価値

社長通信

提供時間を意識すると料理(商品)が雑になる。

料理・商品を美味しくしようとすると提供時間がかかる。

これは今まで私たち外食の世界で言われ(言い訳)続けていたテーマである。

「特効薬」はないが「自己意識改革」というゼロ円という処方箋はカンタンに手に入れることができる。

このテーマ「提供時間×美味しさ(人手間)」=お客様の価値は、リーダーを変えると大きく変わることがある。

また、メンバーが同一の店舗でもシフトポジションを変えると提供時間が早くなることもある。

つまり「人」による「人の盾、意識の盾」によるものだと私は思う。

その人の本気度の意識の問題、認識の差である。

意識には4段階ある。

1.意識する

2.意識して出来ない

3.意識して出来る

4.無意識に出来る

皆さん、子供の頃、自転車や泳ぎを覚える時に必死でなかったでしょうか?

あの必死さがあれば、私たちの仕事は人一倍の努力と工夫があれば、誰でも出来るはずである。

提供時間も早く、料理・商品も美味しく、それは無理、出来ないという人・店は退場しかない。

お客様最優先の意識・考え方・行動をした人・店のみ存在を許されるのである。

 

平成27年10月19日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る