マルズジョイフードブログ

外食産業は責任者で決まる。

社長通信

会社は社長以上にはならず。

店は店長(責任者)以上にはならず。

と、昔から言われ続けています。

昔から長い間言い続けられている言葉には何かしらの真理、正しい意味がある。

6月を振り返ると良い店、悪い店(お客様の支持率ダウン)がはっきりして来たようだ。

特に中通りの県南地域が悪い。

福島県を4ブロックに分けると金融機関が口を揃えて

1位 いわき 2位 郡山 3位 福島 4位 会津の順の経済状況であるという。

つまりは外的な景気が原因ではない。

勿論、競合度合いもあるが、新店等の出店はアンテナを張り、日頃の営業内容を高め、日々変化していくしかないのだ。

4月からの異動もありましたが、3ヶ月を経過すれば前責任者の責任にはできません。

昨対で見るとマイナスということは昨年より人気が無くなった、支持率が下がったということです。

その他、経費はUPしています。

責任者(店長)と社長のみが意思決定の権利を持っています。

だからあなた、あなたです。

責任は重大なのである。

※夢はいつか叶う、今やらずして叶うのか?夢は夢で終わってしまう◯◯店長(責任者)

あなたの夢だけではない。働く仲間の夢も潰してしまうのか?

 

平成28年7月4日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る