マルズジョイフードブログ

価格改訂について

社長通信

原材料の高騰、電気・ガス・包装資材等の高騰、人件費の確保のため、価格改訂をせざるを得ない状況になって参りました。

しかし各責任者に問いかけますと、今のレベルではお客様に納得してもらえる実力度は30%〜60%との回答でした。

 

価格改訂とは価値のUP(人のレベルUP)と理解して下さい。

もうその前に経費の削減、原材料を無駄にしていないか?働く人の価値UPをスピードを伴って必死で行っているのか?その成果を誰が?いつ?検証しているのか?という自己努力を価格改訂より前から取り組むことはいうまでもありません。

マルズの「雑巾=無駄な経費」はまだパサパサに乾いていないと思います。

一人・ひとり高い意識と行動力をもって行えばまだまだ充分に絞り出すことが出せるはずでありますので、皆さんの知恵と創意工夫をお願いいたします。

 

各責任者がこの価格改訂の自信は30%〜60%と申し上げましたが、どうすれば、何をすれば100%いやそれ以上に出来るのか?これを皆さんと真剣かつ早急に考え、行動しなければなりません。

 

その大前提

1.当たり前のことをやる

2.当たり前のことを「当たり前以上」の情熱でやり続ける

3.責任者の「情熱 × 素直さ」=成果

 

平成27年6月1日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る