マルズジョイフードブログ

リーダー・上司・社員の「優しさ」と「甘さ」no.2

社長通信

今の時代、コンビニ、スーパー、弁当屋等々外食も含め、胃袋争奪戦の激しく厳しい競争社会やお客様の要求レベルのスピードが速まっています。

 

このスピードの変化に私たちも合わせなければ、誰も幸せになれません。

こんなことを言ったらあの人に嫌われる、恨まれる、面白くない顔をされる。

でもそれを言ったとしても嫌われない、恨まれないのは、日頃からの考働、言動から信頼関係を築いている人が真のリーダー・上司と言えるのではないでしょうか?

※厳しくても人に好かれる人になれ

4.「厳しさ」のコインの裏側は「愛情」である

我が子を育てる時、半人前を一人前にする時、時代に合った社会人、組織人として導くには、勇気と愛情が不可避である。

 

5.「お金を追うな、仕事を追え」

勇気とは「信念」から出てくるものである。この信念が都合のよい、楽な方にブレやすい。

・お金が目的で働くことが信念の人もいる

・いい仕事をしたいから働くことが信念の人もいる

お客様はどちらの信念と末長く付き合いたいのだろうか?

 

結論「仕事だと思うな、人生だと思え」楽な仕事はないが、楽しい仕事はある

 

平成27年7月6日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る