マルズジョイフードブログ

第1022号 自分たちのサッカー(元鹿島アントラーズ 岩政大樹さん)

社長通信

*「サッカー」を仕事の進め方・考え方と思ってお読みください。

「自分たちのサッカー」へのこだわりが足かせになってしまうことがある。

得意なスタイルで結果を収めるようになると、それを「自分たちのサッカー」と捉えるチーム(店舗)があります。

勝っている時は構いません。しかしチーム(店舗)の結果が付いてこなくなった時に「自分たちのサッカー」をすることが大切だと考えていくことがあります。

 

自分たちのサッカーをするために全力を尽くすことと、勝つ=お客様満足・感動に全力を尽くすことは似て非なるもの。

 

いつの間にか勝つ(お客様満足)ことから「自分たちのサッカー」をすることへとすり替わってしまったチーム(店舗)には何が起きるのか?

「自分たちのサッカー」を貫いて負けたら(お客様不支持)仕方ないと考えるようになる。

これは絶対に間違っている。

本来の目的は勝つこと=お客様満足・感動 ですから

「勝つこと=お客様満足・感動」からブレないこと。

「勝つこと=お客様満足・感動」からブレないということは、自分のスタイル(考え方・仕事の進め方)で

今日ダメなら「変える」ということです。

*変える勇気・変わる勇気 その一歩を早く踏み出そう

 

平成29年11月20日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

ページトップへ戻る