マルズジョイフードブログ

第一はお客様(お客様第一)customer first policy

社長通信

こう唱えている会社・店舗は日本国中どこにでもある。

ほとんどの組織が言っていると思う。

しかしそれを「いつでも」「どこでも」「誰でも」がやっているかと言うと、私たちも「やっています」と胸を張って言えるだろうか?

これからお盆シーズン、例えば8月13日に食菜工房・マルズに1,000人の来客・1,000食の弁当などの注文があったとします。(一日中平均しての人数・注文ではなく、ある時間に集中すると仮定します)

その時、あなたの耳に、心に、悪魔の囁きが聴こえるかもしれません。

『今ぐらい…これぐらい…このくらい…』

この声を消すために、あなたならどうしますか?

考えてみましょう…

・コンビニの弁当に不良品がありますか?

・大手スーパーのお惣菜、お弁当に不良品がありますか?

1,000食に1食たりとも、不良品があってはダメなのです。絶対に。

不良品がお客様の元に渡ると999点ではなく0点でもなく、商いで一番大切な『信用』が失われ、結果マイナス1,000点となります。

マルズ・グループの一番の自慢は「人」。

その「人」が創っているものを「商品力」という。

不良品は絶対に出してはいけません。

「商品力」は「人間力」。人間性そのものです。

お客様の評価はインプットではなくアウトプットです。

あなたの行動力、表現力次第なのです。

 

平成29年8月7日 丸山 耕市

共に成長しよう、共に働こう

お問い合わせ等

メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る